40代から前を向くために

40歳で出逢った人生のパートナー

私の人生は振り返ってみると、ろくな人生じゃなかった・・・

学歴はないし、世間体もない、どちらかといえば路地裏の猫のような
そんな底辺なレベルの人間でした。

なので、もちろん私の周りには同じレベルの人達しかおらず
普通の家庭って何?って感じで、その当たり前の普通の幸せすら憧れていました。

≫ 底辺なレベルの過去はこちらから

もうひとつのプロフィール

40歳で離婚してしまいシングルマザーになった私は
ボディセラピストとして汗水ながして働き、毎月その場しのぎで生きて過ごす生活

この底辺の生活から救いの手を差しのべてくれたのが、今のパートナーでした。

パートナーは年商6億円の男

聞けば、会社は4社経営している社長さん
高級車も多いときで7台ぐらい持っていたらしいけど今は4台って言ってました。

口で偉そうに嘘つくのは簡単だし、そんな人は世の中いっぱい居そうだけど

この人は、本物で嘘つかない

そう確信できたのは、
付き合って間もない頃に起きた私の車の出来事でした。

私の中古車が事故車だった

私が買い換えた中古車が、エンジンをかける度にキュルキュル〜と音を出していて

「この車、変な音がしておかしいぞ」と心配した彼が、知り合いのディーラーに頼んでくれて
私の車を調べてもらったら事故車だったことが判明。

私は、泣く泣く車を手放しました。

とはいえ、私はすぐに車をまた買い換えるお金もなく
仕事行くのに車は必要やし、どうしよう・・・と困っていたら

何ヶ月後かに発売される新車を発注してくれて
発売されるまでの間、会社で使っていた車を代車として貸してくれました。

まさか、本当に新車なんてくれるの?って半信半疑でしたが
発売されたら本当に新車をくれたので、この人は有言実行してくれる

約束は必ず守ってくれる人なんだと信用できました。

今は、また別の新車を乗っていますが
乗り換える度に、前の車は彼の会社の代車となるので
実際は、私の車ではなくなってしまうという感じです。

理想どうりで完璧な人なんていない

泊まったホテルから撮った東京の夜景   

彼に出逢ってから、私の今までの人生が変わりました。

今までの私の価値観や男を見る目も変わり

月1で、東京に旅行に行っては
最新スポットに行ったり銀座でブラブラしたり
美味しいものを食べたり、立派なホテルに泊まったり

それはそれは、底辺のレベルの人間からしたら
経験したことのない贅沢で夢見たいな心地で幸せを噛みしめています。

ここまで、読んでくれた方は
なんだよ、自慢かよ!とか、のろけるなよ!とか思っているかと思いますが

やはり、そこは良いことばかりではありません。

ドラマや映画に出でくるような、容姿もカッコ良くてお金持ちで性格も良い
大好きな映画『プリティウーマン』のような素敵なダンディーな男性なんているはずもなく
(稀にいるかもしれないけど相手にされない)

理想と現実は、やっぱり違うよね・・・って思います。

私のボスは毒舌

見た目は、どちらかといえば強面で、武道をしていたので体格も立派

車は主にレクサスの黒を乗っているので、側から見たら如何にも・・・な感じ(笑)

しかも、言葉遣いもあまり良くなく
地雷を踏んでしまった日には、怒涛のごとくバッシングの嵐

理不尽なことも言われて何度も泣いて
それ、パワハラじゃない?と多々思ったりもして精神的に病みそうになるけど

冷静になってみると、最終的に言ってることは
私のことを想って言ってくれてることが多いと分かってきました。

私が、底辺なレベルなのは考えが甘いこと

そして、私の周りの人達もなぜ底辺のままなのか教えてくれて

成功した人の思考は、一般人の思考とは違っていて
普通と同じ考え方では、一歩先にでることは出来ないんだと思い知らされる日々です。

だから、私の今までの価値観や甘えた考えが
「ボス」(←私の心の中で、そう呼んでいる)の言うことを
理不尽で毒舌すぎると感じてしまうのだと思います。

地雷さえ踏まなければ、男らしくて頼れるし、本来は心優しい人なので
今は、いかに地雷のスイッチを押さないように過ごすべきか心がけています。

最後に

年収2500万円以上の男性は、日本の人口に約 0.3%しかいない中

学歴もない、世間体もない、底辺なレベルの私が
そんな人に見初められ、一緒にいれるのは奇跡やし貴重だと思う。

ボスも早くに母親を亡くして苦労してきた人だから

そんなボスといることで、普通に過ごしていたら分からなかった気づきや
恋愛観なども赤裸々に語っていきたいと思います。

Translate »