40代から前を向くために

自宅で出来るオイルフェイスマッサージのやり方

自分に合ったオイルを選んだら
早速、毎日の朝と晩のお肌のお手入れの時に取り入れてみましょう!

オイルフェイスマッサージをするタイミングは
ブースターオイルなら、お肌のお手入れの最初にすると化粧水の浸透が良くなりますし
オイル美容液なら、化粧水や乳液で肌を保湿した後にするといいでしょう。

マッサージが終わったら、お肌のお手入れの最後にするクリームを塗ってくださいね。

どちらのタイミングでも、マッサージしてリンパを流してあげることが大事かなと思います。

手技のかたち

まず、オイルフェイスマッサージの基本となる手のかたちを覚えて下さい。

チョキの手

ピースした手の指先を曲げた形です。
フェイスラインを挟んでリンパをながしていきます。

かぎの手

チョキの手の指が1本のバージョン。

曲げた指先でツボ押しも出来る。
鼻やほうれい線など細かい部分をながすときに使います。

グーの手

親指を中に入れてグーにする。
頬やおでこ、首などにマッサージするときに使います。

手のひら

手のひら、指のはら、手根(手首の付け根付近の膨らんだ部分)を使って
老廃物をながしていきます。

オイルフェイスマッサージのやり方

顔全体にオイルを塗ったら始めましょう。
すべりが悪くなったら、オイルを追加してくださいね。

① チョキの手で、アゴを挟みフェイスラインに沿って
  顎の先から耳下まで引き上げる感じでながす。2〜3回くりかえす。

② グーの手で、ぐるぐると螺旋を描きながら頬の筋肉をほぐす。2〜3回くりかえす。

③ かぎの手で、鼻のきわを上下ながす2〜3回くりかえす。
  鼻筋は、下から上にながす。2〜3回くりかえす。

④ 人指し指と中指の腹を使って、左右の目頭の下からこめかみに向かって優しくながす。
  この時は、力を入れ過ぎないこと。左右5回くりかえす。

⑤ グーの手で、おでこを下から上にながす。
  上下ジグザクしながらでも良い。2〜3回くりかえす。

⑥ グーの手で、螺旋を描きながら、おでこの中心
  髪の生え際からこめかみまでながす。2〜3回くりかえす。

 ⑦ 手のひらで、おでこの中心から耳の方にながす。2〜3回くりかえす。

⑧ 手のひらで、頬全体をほうれい線があるところから
  耳の方にながす。2〜3回くりかえす。

フェイスマッサージで大切な3つのリンパ節

ひと通りマッサージが終わったら
図のように、リンパをながす方向に

3つのリンパ節にながす
  • 耳下腺リンパに顔の老廃物を集めてきてながす
  • 顎下線リンパをほぐすしながらながす
  • 鎖骨リンパに集めてきたリンパをながしこむ

この3つのリンパ節にながすことが、とても重要です。

老廃物をながして、むくみを無くし
顔の筋肉もほぐして、シワやたるみも解消していきましょう!

実際にフェイスラインが出てきてスッキリした方法

Translate »